About shoes

pealrichtonesunshine(ピールリッチトーンサンシャイン)は、当初、洋裁業を70年以上営んでいた母方の祖母にTシャツを縫ってもらい、私がデザインした柄を染めたもの、姉の手作りエコクラフトバッグ、手染め・ペイントしたスニーカーを制作、販売するために設立しました。

祖母が体調を崩したことをきっかけに、スニーカーだけを制作・販売することとなり、今日に至ります。

スニーカーをキャンバスにした、アートの一環としてつくり始め、自分で履いていました。
ある日、見知らぬ方に「そのスニーカーカワイイね。どこで買ったの?」と聞かれたことがとても嬉しくて、もっと上手につくれるようになりたいと思うようになりました。

そうしてアート制作と並行してスニーカーをつくり続けて、2015年、友人から「親子お揃いのスニーカーがほしい」と依頼を受け、初めて子供靴をつくらせてもらいました。

小さな靴には夢や希望がいっぱい。一瞬で子供靴の魅力にのめり込んでしまいました。
お母さんとお揃いの靴を履いて色んな場所へ行く、この靴が子どもと一緒に歩んでいくことを想像するとワクワクします。

オーダーメイドスニーカーの依頼をいただいたときは、色やデザインのご希望のほかにお子様への思いや絆を表現できるように縁起物の動物や柄、素敵な花言葉をもつ花、幸運のシンボルなどをイラストで描き込みます。

イメージが細部まで伝わるように制作途中で写真を送って確認していただきながら、納得がいく色、デザインに仕上がるように努めています。

さまざまなデザインを制作させていただく機会があり、その時々、ご依頼主様が喜んでくださることだけに集中して制作しています。

出かけることが楽しみになるスニーカーづくりを、これからも続けていきます。

ハンドメイドスニーカー販売サイト

こちらからご注文おねがいします。

https://www.creema.jp/creator/2490722